ホーム > しゃぶしゃぶの楽しみ方

しゃぶしゃぶの楽しみ方

HOW TO ENJOY
どん亭でのしゃぶしゃぶの楽しみ方について、どん亭とん太が、ちょっとした雑学知識も交えながらご案内します。

薄く切ったお肉を、鍋に沸いたお湯にサッと通して食べる「しゃぶしゃぶ」。
中国の羊肉料理がモデルと言われるこの調理法は、1950年代に、日本人に好まれる牛肉を使って広まりました。「しゃぶしゃぶ」という名前は、鍋のお湯の中でお肉を振る様子が、布を洗濯をする様子にそっくりだったので、洗濯の水音をイメージして付けられたと言われています。
シンプルな調理方法、そして湯を通すことで肉の脂が落ちるというヘルシーさの面から、今ではすき焼きと並ぶ人気鍋料理になっています。どん亭ではしゃぶしゃぶ食べ放題も大人気!満足いくまでお召し上がりください。

しゃぶしゃぶのお召し上がりかた

1:お鍋のお湯が沸騰したら、肉片を1枚ずつ箸にはさみ、お湯に2、3回、さっとくぐらせてください。牛肉の場合、お肉がピンク色になれば食べられます。海鮮しゃぶも、さっとお湯を通したくらいがおすすめです。
2:豚ロースや鶏肉の場合は、牛肉より少し長めにお湯にくぐらせてください。
3:薬味をお好みだけ入れたぽん酢、または特製のごまだれをたっぷりからませてお召し上がり下さい。
4:野菜は、食べる分ずつお鍋に入れて、お召し上がり下さい。
5:お肉を鍋に繰り返し入れていると、にごった泡のような灰汁(あく)が浮いてきます。これは、肉のたんぱく質が固まったもので、臭みのもとになります。テーブルに備え付けてある、水の入ったポットと手網で時々灰汁をすくって取り除くと、最後まですっきりした味でお楽しみいただけます。

しゃぶしゃぶは「お肉が先、野菜が後」と言われますが、これにはちゃんと理由があるんです。どん亭のお鍋に入っている「だし昆布」からは、うまみ成分のアミノ酸が抽出されます。このアミノ酸が、お肉に含まれるイノシン酸とお湯の中で組み合わさることで、うまみが強くなり、その後に煮た野菜がいっそうおいしくなるんですよ。

タレと薬味の相性

ごまだれにはお好みで、ラー油を入れてお召し上がり下さい。ぽん酢には、浅葱と紅葉おろし。
<こだわりの特製たれ>
どん亭のぽん酢は日本一の柚子の産地、高知県安芸市の柚子を厳選。鰹だし、昆布だしと絶妙にブレンドしました。
また、美容と健康に効果のあるゴマから作ったごまだれもどん亭オリジナルです。すり鉢ですったゴマの中にたれを入れて召し上がれ。

うどんのお召し上がり方

セットの野菜盛り合わせに入っている、長くて幅の広いうどん。どん亭自慢の食材のひとつです。うどんのお召し上がり方はお好みですが、おすすめのスタイルは、
1:沸騰している鍋の中にうどんを入れます。うどんは調理済ですので、長時間ゆでる必要はありません。
2:器に「うどんつゆの素」のパックを開けて、中の粉末を鍋のお湯で溶かしてスープを作ります。スープにうどんをつけてお召し上がりください。

おいしい玉子おじやの作り方!

お肉と野菜を食べ終わった後で、もうちょっとお腹に余裕があれば、ぜひ。
お肉や野菜のうまみと栄養がしみ出た鍋のだし汁を無駄にするのも、もったいないですよね。ごはんと玉子を追加で注文して、オリジナルの「玉子おじや」にチャレンジしてはいかがですか?
1:お鍋の中の肉や野菜を取り出し、だし汁の量をごはんが隠れるくらいに調整します。
2:ごはんを入れてほぐし、醤油、塩、胡椒で味を整えます。
3:強火にして沸騰したら、玉子を入れてかき混ぜます。
4:玉子が固まり始めたら、器に盛って召し上がれ。
おいしくて滋味たっぷりですが、栄養がしみ出ただし汁がベースなだけに、カロリーはちょっとお高めです。

ここでご紹介した楽しみ方はあくまでも一例です。あなたのお好みにあわせて、心ゆくまでお食事をお楽しみ下さい。ご家族やご友人と鍋を囲んで、おいしい食べ方をワイワイ相談するのも、きっと楽しいですよ。

ページトップへ戻る
運営会社 株式会社どん グループサイト ステーキどん しゃぶしゃぶ 食べ放題 どん亭 フォルクス ドン・イタリアーノ パスタリアーノ